×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AntiGangstalkingTech


summary


過去数十年間、そして現在も、世界中で集団ストーカー被害は拡大し続けている。急速な脳関連科学技術の発展に対し、その応用犯罪に対する法的規制は間に合わず、現代は過激派市民が思考盗聴を行う時代である。BMI(Brain Machine Interface)研究に対する産学官の支援基盤の確立、並びに過激勢力の保有する集団ストーカー人員の入れ替えサイクルを経て、関連技術の認知と情報漏洩が同時に進行してきているが、それと同時に1900年代における電磁波兵器開発競争の歴史も塗り替えられ、彼方に忘却さられようとしている。
BMIと思考盗聴技術は領域を同じくする技術であるが、当該技術領域に特徴的な脳のデバイス化という性質から、我々は両技術を総称してとしてDevice Of Brain Technology(DOBT)という呼称を用いている。機密指定による公的利益の保護と、電磁波犯罪立件の困難性、および資本主義経済と権力構造の極相化により、DOBT犯罪は黙認される環境が整っており、凶悪化の一途を辿ってきた。現代は思考、社会、宗教、生命倫理パラダイムの転換期であり、あらゆる価値観が、社会構造の根源的変化という絶大な淘汰圧にさらされ、その柔軟さ頑強さを試されている時期でもある。歴史上稀に見るほどに発展した近代人間倫理が、淘汰の激流の中で、精神支配という暴威に陵辱されることのなきよう、我々はDOBT対抗技術の一般普及を目指す。