×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AntiGangstalkingTech


経頭蓋電気刺激(tES)


簡易かつ、即効性の高い鬱病対策
経頭蓋電気刺激は頭部に電極を当て、微弱な電流を流すことによって脳の機能を外部から活性化あるいは不活性化する技術である。病気の治療や能力の開発に用いる。
tDCS(経頭蓋直流電気刺激)は、その中でも最も簡易かつポピュラーであり、頭部の適切な位置に電極を当て、数mA程度の微弱な電流を流す方法である。
近年では、当該技術を用いてスポーツ訓練及び学習効率を高めることに成功しており、さまざまな研究がなされている。当該研究の歴史は古く、その起源は1800年代にまで遡る。鬱病、及びその他の精神病への有効な治療法として、近年着目されてきている。頭部に電流を流すため、てんかん患者、及びその他脳疾患の患者の施術には配慮が必要である。また、その社会的な影響の大きさのためか、関連図書の一つが世界中で販売停止されている。

思考盗聴対策としての経頭蓋電気刺激


思考盗聴技術、非侵襲的脳刺激技法はともに、脳内電磁界を操作する技術である。
そのため、非侵襲的脳刺激技法の一つである経頭蓋電気刺激は、思考盗聴による脳操作に対抗しうる。
より包括的に思考盗聴に対抗する場合には、思考盗聴と原理的に区別のない経頭蓋磁気刺激による対策法の発見が望ましい。しかし、現時点においては、経頭蓋電気刺激は簡易性、安価性、利便性に優れ、思考盗聴に対する優位性は他の方法と比較して圧倒的である。また、現段階で認められる経頭蓋電気刺激の思考盗聴に対する優位性は、病気治療における有効性と同じ効能について明白である。

集団ストーカー対策としての経頭蓋電気刺激


集団ストーカーは思考盗聴技術の利用を隠匿しながら年単位で進行する。その初期傾向として、進行性の鬱病及び、統合失調症がある。経頭蓋電気刺激は非常に簡易な技術であるため、当該病の罹患者、心因性と思われる体調不良を感じる者は、経頭蓋電気刺激を速やかに試すことを薦める。

経頭蓋電気刺激の実践


近年、日本国内及び、世界中で経頭蓋電気刺激専用機械が開発され販売されている。
概して携帯性に優れており、数万円単位で購入可能である。市場参入者が未だ少ないためか、tDCS単一機能の商品が多いため、海外製品から探すのがよい。最も有名で機能を網羅したものの一つにfoc.usがある。
tDCSは非常に簡単な仕組みのため、家庭ですぐに試すことが可能である。また、海外ではDIYが盛んに行われている。